12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

検索

月別記事

リンク

RSSリンク

トラックバック

QRコード

QR

FC2Ad

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝の新潟市小針の天気は雪。

お正月に入ってお葬式が二軒目です。

昨日お通夜に今日お葬式、そして今晩お通夜。

今日のお通夜は葬儀場がいっぱいのようで、

最初はお家でやる予定でしたが

お参りも多くなりそうなので

今回はお寺のお庫裏でやることになりました。

お寺でお葬式を出すのは何年ぶりでしょうか。

葬儀屋さんが広間に祭壇をくんで廊下はじゅうたんを敷きました。

亡くなられたおばあちゃんは小針の村から出られ、

その旦那さんももう亡くなられましたが小針の村の出です。

おじいちゃんは毎朝かかさず、境内のお掃除と鐘つきに来て下さってました。

そういう因縁もあってお寺でやることになったのかもしれませんね。

どちらの本家さんも瑞林寺の門徒さんで、

本家さんが切り盛りして下さいます。

最近は葬儀屋さん任せの形が多い中、

段取りは本家さんが一生懸命されて、昨日もお寺に相談に来られました。

昔はお通夜を夜伽(よとぎ)と言って、亡くなった方と添い寝する習わしがありました。

親戚の方が伽見舞いといって、料理をもってきて朝まで酒を飲み交わすのです。

今晩は夜通し、身内や親戚の方が何人か残って

おばあちゃんの話に盛り上がるのではないでしょうか。

にぎやかなお通夜になりそうです。

          ずっこけ住職
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。