12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

検索

月別記事

リンク

RSSリンク

トラックバック

QRコード

QR

今朝の新潟市小針の天気は晴れ。

昨日はお寺の広間でお通夜でした。

村の方や知人の方で廊下にまであふれ出てました。

今の葬儀場はいかにもセレモニーという感じで

やはりお寺でやると落ち着きます。

通夜振る舞いは自宅で飲んでいるようで変な気分です。

「今日はこのあと何もないんだろう?」

「どこにも逃げられないぞ!」と村の親戚の人たちからおどかされ、

私も酩酊させて頂きました。

故人のおばあちゃんは7人兄姉。

ふだんお会いできない人ばかりで、この時だけが覚えるチャンスです。

でも酒が回って姉妹が同じ顔に見えてどちらがどちらかわかりません。

お寺で膝を交えて飲み交わすお通夜、

あの人もおばあちゃんの同級生なのかとびっくりもします。

お通夜は人と人とのつながりを赤裸々に教えてくれて、

その人の人となりを改めて知ることができます。

お通夜は人生の縮図のようです。

次の日のお葬式に響かないように、そこそこに床につきました。

               ずっこけ住職

スポンサーサイト