12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

検索

月別記事

リンク

RSSリンク

トラックバック

QRコード

QR

今朝の新潟市小針の天気は曇り。

先日「ふしぎがり~まど・みちお百歳の日記~」というNHKの番組を視ました。

詩人で、「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「一年生になったら」など

たくさんの歌を作った方です。

見るもの聞くもの手に取る物もの全て不思議だと言われてました。

不思議というと、何か特別な、特殊なできごとを想像するのですが、

まどさんは当たり前のことが実は当たり前でなかったという驚きを

不思議だなあと言っておられます。

そういう感動をいつも持っておられ、

全てのものに感謝されている。

毎日が発見の連続だそうです。

だんだん年をとっていくと、全てわかったようなことになりますが、

そうじゃないのですね。

高校の放送部の人にインタビューされてました。

その中で本当の幸せとは何ですか?という質問で、

まどみちおさんは、

  現在を肯定的にみることができる人は幸せ

  全部に感謝しながら暮らしていく。

  そうすると自分も幸せ、他の人も幸せになるんじゃないかと思います。

と答えられておられました。

自分に都合が悪かったり、嫌なことがあると

どうしても現実を否定的に受け取りがちですが、

現実を肯定的に受け取ることができる人が幸福になれると言われる。

簡単には受け取れないこの現実を

なにか引き受けて生きる元気をまどみちおさんに頂きました

なんでも不思議だなあと感じることをこころがけていきたいと思います。

どうしても、なんでも当たり前だと思ってしまうから

思い通りにならないことがあると

腹を立ててしまう自分です。

腹が立ったらあらためて今ある不思議さを

思いおこしてみようと思います。

      ずっこけ住職

まどみちお











スポンサーサイト