12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

検索

月別記事

リンク

RSSリンク

トラックバック

QRコード

QR

FC2Ad

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の新潟市小針の天気は晴れ。

昨日は初お講でした。

今年から午後からということで変更しました。

今までは読まなかった「御書さま」というものを読みました。

「御書さま」とは京都の本山から、ご門主のお言葉を頂いたものです。

「二十八日講の御書さま」というもので、

門徒に念仏の教えをどうか広めてほしいというお手紙です。

巻物になっていて、時代は享保2年のものです。

享保2年というと西暦になおすと1717年、今から約293年前のお手紙です。

これを法話の前に読みます。

ですが万葉仮名で続け字で全く読めない。

先々代の住職も読めなかったのでしょう、その巻物の中に

読みやすいように書き換えた紙が入っておりました。

しかし293年も続いた聞法会が二十八講と思うと、

気が引き締まります。

今年もしっかり勤めなくてはならないと自覚しました。

          ずっこけ住職

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。