02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

検索

月別記事

リンク

RSSリンク

トラックバック

QRコード

QR

今日はお彼岸の法要でした。

本山差向布教に、福井県の神田泰淳師が来られました。

法話に姪子さんのヒタタカコさんの歌を紹介下さいました。

「去らば去れ」愛しいおばあちゃんが亡くなられて作た曲だそうです。

  人は裸で生まれ また裸で死んで行く

  この身に残るものは いつも形のないもの

おばあちゃんがいつもタカコさんに言っていた言葉。

  人はみな大切なものを探して生きているから

  人はみな大切なものを守って強くなるから
 
  本当に大切なものは必ずそばにあるから

形はなくなっても、おばあちゃんの教えは遺言として

タカコさんの心にいつまでも遺っているのでしょう。

みんな誰しも愛しい人から遺言をもらって生きている。

亡くして始めてその言葉の大切さがわかる。

お彼岸に、私を育ててくれた

亡き方々の遺言を思いかえしたい。







スポンサーサイト
次のページ