05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

検索

月別記事

リンク

RSSリンク

トラックバック

QRコード

QR

FC2Ad

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堪え忍ぶのは苦しい それを認めた時 力となる


今月の掲示板の言葉は「耐え忍ぶのは苦しい それを認めた時 力となる」です。

「たえる」という字は「耐える」と「堪える」とあります。

「忍耐」はつらさや苦しみに耐え、じっと我慢し辛抱することですし、

「堪忍袋の緒が切れる」というとじっとこらえていた怒りが爆発することをいいます。

私たちの生活は日々その繰り返しです。

仏教の智慧とは、その苦しみのつらさの意味を教えてくれるものであります。

つらさや苦しみの意味がわかれば納得もし、生きていく力にもなる。

「諦める」という字も、物事が諦らかになるという言葉がくるそうです。

人生を耐え忍ぶのではなく、生きる勇気を頂く、それが智慧のはたらきなのです。 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。